ハクビシン駆除で住宅を守ろう|再発を防ぐ対策方法

害獣による被害

男性スタッフ

害虫と並んで、住宅に被害を及ぼす害獣は簡単に駆除ができません。ゴキブリなどの害虫は殺虫剤を撒くことで一時的とは言え被害を最小限まで抑えることができます。しかし、害獣の場合種類によっては法律で保護されていて勝手に駆除が出来ないこともありますし、仮に家から追い出すことができても侵入経路がわからないと同じ被害を繰り返してしまいます。この害獣にはアライグマやネズミ、コウモリなどがいますが特に凶暴性の強いイタチは駆除が難しく、追いだそうとしてむやみに近づくと噛みつかれてしまう恐れもあります。実はイタチのような害獣は体内に病原菌をもっていて、発症すると高い確率で死に至る狂犬病に感染する可能性もあるので、イタチ駆除はプロに任せた方が良いでしょう。

プロによるイタチ駆除を早急に行なわないと、自宅に様々な悪影響を及ぼします。イタチの体調はおよそ30センチ程で体躯が細いので、小さい穴からでも容易に住宅内に侵入します。基本的に雑食なので食材だけではなく、ペットの鳥やハムスターなどが襲われる場合もあります。また、屋根裏で生息するため夜中になると走り回る音がしたり、糞尿を垂れ流して悪臭やカビなどで家の環境が悪化します。そのため、イタチ駆除をしている業者では最初に現地調査を行なって侵入経路を特定し、イタチ駆除を行なった後は糞尿による臭いを取り除くために殺菌、消毒処理などを施して元の快適な家に戻してくれます。また、イタチ駆除業者は専門の知識や技術を持っているので、スピーディーにイタチを家から追い出してくれるでしょう。