ハクビシン駆除で住宅を守ろう|再発を防ぐ対策方法

害獣による被害

男性スタッフ

雑食性のイタチは食材だけでなく飼っているペットを襲う可能性もあるので、家族を守るためにもイタチ駆除の依頼は早急に行なうべきです。自分で追いだそうとすると怪我をする恐れもあるので、必ず業者へ連絡しましょう。

もっと知ろう

業者の探し方

作業員

イエシロアリによる被害は夏場に多く報告されます。シロアリの中でも特に侵食速度が早いので早めに対策を行なわないと、大切な家が腐敗してしまいます。効率よく業者を探したいのなら、第三者機関のサイトを利用しましょう。

もっと知ろう

自分でできる対策

困っている女性

夏場になるとハチの活動が活発になりますが、人間の生活圏内にも侵入する場合があります。個人で退治をする場合は刺されても平気な服装をして、専用の殺虫剤などで追い返しましょう。

もっと知ろう

害獣の追い出し方

白鼻芯

自宅の屋根裏で大きな物音がしたら、害獣が侵入している可能性があります。身近な害獣と言えばネズミですが、郊外や農作物を育てている場所ではハクビシンによる被害が多くなっています。ハクビシンは白い鼻筋が特徴的な害獣で、身体能力が意外と高く、壁をよじ登ったり垂直に飛ぶなどしなやかな動きをします。そのため、住宅への侵入も簡単で、イタチのように雑食なので、家で育てている果物や野菜はもちろん、小動物なども捕食する場合があります。また、ハクビシンは一度住宅に侵入すると屋根裏に潜んでしまうので、知らない間に子供を産んだり、糞尿を撒き散らしたいなどの被害をもたらします。ハクビシン駆除は専門業者に依頼した方が効率的ですが、作業を行なうスタッフは様々な方法でハクビシンを追い出します。

ハクビシン駆除の駆除では、忌避剤や煙がよく使われます。ハクビシンの苦手な臭いが含まれている煙や忌避剤を屋根裏などに設置すれば、ハクビシンが耐えられなくなって屋根裏から出てきます。また、なかなか出て来ない場合は光や大きな音を立てて威嚇をし、徐々に追い込んで自分から出て行くように仕向けます。ハクビシンが出てきた後は、再び侵入してこないように侵入経路を塞いで遮断します。業者では現地調査を初めに行なうので、その調査結果を元にしながら駆除作業を進めていきます。また、業者によるハクビシン駆除が完了したら、自分自身でもハクビシンを寄せ付けないための対策を考える必要があるので、生ごみをしっかりと処分したり、農作物の管理を徹底して行なうなど、出来る対策方法を考えていきましょう。